美容皮膚科で働く看護師求人・病院探し<美容皮膚科ナースの体験>

Just another WordPress site

*

美容皮膚科で働く看護師の悩み「人間関係」

   

美容皮膚科は、一般的に他の病院よりも人間関係が悪いと言われています。
そこで、今回は美容皮膚科で働きたい看護師や既に勤務している看護師の方々にアドバイスをしたいと思います。

美容皮膚科は何故他の病院に比べて人間関係が悪いと言われてしまうのでしょうか。

美容皮膚科では、ノルマを取り入れているクリニックも多いために仕事仲間がライバルとなりやすいことや若い女性が多いことから、人間関係が悪くなりがちです。
特に個人の売り上げやノルマ達成状況が閲覧できるような環境だと、他の看護師より成績が良いと嫉妬をされてしまったり、逆に成績が悪ければ足手まといだと言われることも多いようです。
美容系のクリニックでは看護師や受付などには女性スタッフしかいませんし、その特性から年齢が若いスタッフが多く勤務していることも、人間環境が悪化する要因だと言えます。

また看護師間だけでなく、患者様と看護師・医師と看護師の人間関係も重要です。
患者様は基本的にお客様として来院されますので圧倒的にクレームが多いですし、美容皮膚科では医師と看護師がかかわる場面がとても多いのでこちらの人間関係もないがしろにはできません。

以上のことから、美容皮膚科では人間関係が悪い・難しいと言われるのです。

そんな美容皮膚科のクリニックで上手に働くためのアドバイスです。

まず美容皮膚科では年齢や臨床経験の年数は一切関係なく、純粋に入社した時期によって先輩後輩が決まります。
そこを念頭に入れて働きましょう。

指導担当の先輩と仲良くなるのはもちろんですが、できるだけ色々な先輩方と仲良くなれるように話しかけましょう。
先輩の接客や施術などを見ていいなと思ったところや自分も真似したいと思ったことは、そのことを素直に伝えたりアドバイスを求めたりするなど仕事を頑張る姿勢を見せるのも良いです。
雑談が苦手な方は、明るく笑顔で挨拶するのを習慣づけましょう。

仕事で周囲に迷惑をかけた場合には言いわけはせず、素直に謝ることが大切です。
ミスを押し付けられることもあるかもしれませんが、トラブルの元となるためしっかりと謝ったうえでこちらの言い分を伝えましょう。


当然のことと思う方も多いと思いますが、意外と出来ない方が多いのが実際です。
仕事仲間だからと気を抜くと、言葉遣いや話し方もきつくなりがちなので、喋る前には一呼吸おくことをお勧めします。
円滑な人間関係を築くために、自身の行動を省みましょう

 - 美容皮膚科での看護師の仕事